✨オフシーズン突入✨  


ジュニアユース
FC eje 
今日から夏休みで約1ヶ月間のオフシーズンに入りまーす

災害の影響でリーグ戦組み込まなあかんから学年によって、もしかしたら短くなるかもやけどm(_ _)m
オフシーズンは、サッカー的なことのアプローチは各自でもちろんですが、1番は夏休みにしか出来ないことをたくさん経験させてやって欲しいと思います!


大切なのは感性でサッカー以外のことで大事なことはたくさんあります!
家族や友達、恋人?好きな子?(笑)と一緒に旅行、キャンプ、山、海、川、プール、花火、お祭りなどいっぱいいっぱい楽しんで、それこそ、そういった中で多くの体験や経験をしてもらえたらと思います!サッカーより大事なものがいっぱい詰まってますし、ゆくゆくそれがサッカー的にも人間的にも凄く重要になってきます(o^^o)
集中して戦いながらこれまでの期間やってきたので、一旦心身のリフレッシュと感情解放して良き夏を過ごしてくれー(^^)
オフにする理由

正直この時期にサッカーをやる必要性はないと僕は思っています。
①人間としての感性が1番大切(上記)
②競技レベルの向上
僕の経験上、競技レベルの向上という視点で見てもスペインでは6月中旬から9月までオフシーズンになりますし、それでも日本の子達より数倍上手くなるし、代表を見ればわかりますよね!また、トレーニングにおいてはインテンシティの問題や意欲、とかも関係してきますし、簡単に言えばダラダラと暑い中長いことやってもあまり意味をなさないんですね。それは試合でも同じです。1人あたり2試合、3試合あれば選手は100%を出すことは出来ず、高い戦術レベル、技術レベル、フィジカルレベル、メンタルレベルなど何もほとんどアップすることはありません。暑さがプラスされれば余計にそーなります!根性はつきます。
スペインの子達は年齢、カテゴリーによって多少の誤差はありますが、年間30~50試合ぐらいまでしかありません。週に1試合。それに加え長い夏休み、冬休み、春休みなど休みもたくさんあります。


③フィジカル面は?
スペインで住んでいた頃、いくつかの日本チームがきますが、ずっと走ってきたであろう大学チームがオフシーズンのスペインチームと対戦することがよくあります。どちらが走れたと思いますか?圧倒的にスペインチームがうわまります。
また、実際夏休み明けになると大体のチームは心身ともに疲弊しきっています!怪我人も続出です。逆にejeの子達は夏明けてキラキラビンビンしていますし、背丈も大きくなります(^^)
年間、月間、週間、日でトレーニングから全て、技術、戦術、メンタル、フィジカル面も踏まえ取り組んでいるのもありますが実際今のところ疲労による怪我人はゼロ。
これはオフシーズンに限らず週の取り組みでも同じです!試合の時に身体、メンタルが完璧になってないといけませんが、逆なところが多いのもよく目にします!細かく言えばトレーニングの中でのフィジカル面はどの力をつけるのか、また回復も考えなくてはなりません!


④では、メンタル面は?
メンタルといっても複数ありますが、戦いに対するメンタルとして、ワールドカップを見ててどう思いますか?
ヨーロッパの選手達はどーですか?
夏にガンガンやらなくても彼等は強いですよね!
忍耐力は?
これは乗り切ってる分日本人強いと思います。
他にも向上心や逆境に強い心や、乗り越えることとかいろいろあると思います!しかしながらこれもサッカー以外の経験でもできますし、本人次第でもあるし、どーいう環境の下で育ってきたかということも合わさるので一概にこうだっ!ていうのは難しいですよね!
確かなのは、戦うメンタルだけでいえば育成年代からのリーグ戦の仕組みであったり、文化的背景も関係しますが、夏に追い込まなくてもできるってことです。また、インテンシティやフィジカル、メンタル、技術、戦術などそれらは全てトレーニングに盛り込んだ中で培われていきます✨
あとは、やっぱりキラキラギラギラした中でやり続けられることが大切だと思いますし、僕らもレベルアップできる期間にもなるし、また久しぶりにあってお互いフレッシュな中でスタートできるってのも我々のチームにとっては良い相互作用です!
量ではなくて質が大切

他にもありますが、大きくは彼等の人間的な成長、競技レベルに対する様々な視点からオフシーズンを取っています。
上記に述べてきたように、
量ではなくトレーニングの質とゲームの質が重要!
=指導者の力
オフシーズンとの兼ね合いやトレーニング時間、ゲーム数が格段に少ないヨーロッパにおいてこうも差がつくのは間違いなくここなんですね。僕は日本でやってた頃に途中で気がついて、学びに行ってと、両方知ってるからこそ言えることです。まず、気づくことから始めないといけない。ここは海外に行くだけではくて、しっかり出て学ばないと難しいのが現状ですね!日本の仕組み自体を抜本的に変えることと指導者が海外に出て学ぶことが1番ですが、現状、僕も日本で再びやりだして難しいと感じている部分です。
世界を知らない人が世界をというよくわからないことが起こっている。世界を知らないと日本自体が見えません。日本自体が見えてないのに日本らしさをという不思議なこと。これ以上言うとこの国ではいろんな派閥や権力者、政治的な力のある指導者みたいなのが出てきて干されるのでやめときます。笑
それも現状。
というか指導者の力にスペインも日本も無くて、選手達が目的を達成できる為のものをもってるかどうかなんですよね。我々はサッカー指導者であって、サッカーというものの原理原則は変わらないし、その原理原則のサッカーに対して、個人個人オシャレしていくので根本は変わらない。
ちゃんと選手に目が向いていれば、気づき、学び、向上していくと思いますし、あれはこーやあーや言わずに、学びに行くと思います✨実際、僕の指導者講習会に来てくださってる方とはそんな感じで高め合える仲間になりますしね(^^)


リーグやなんやら多くの協力があって試合ができるのも間違いなく感謝していますが、日本が世界のスタンダードになる為にはもう一歩進化していかなくてはなならないと思いますし、ワールドカップを見ての通り、差が開く一方です。大人の事情で本来彼等に提供しなければいけないことが満足にできないのは少し違いますよね!変化をするということは難しいことですが、関わる大人が選手がよくなることに目を向ける。シンプルにこれだけでじゃぁどーすれば?と考えて取り組んでいけると思います。ほんとシンプルだと思います!
が、しかしここは日本なのでってよく言われる言葉を借りて、その中で精一杯やっていきます!笑
ってな感じで僕等はこーいった取り組みの中でやってます✨
これを日本でやってるとほんとヤンヤ言われるのが現状ですが、我々は世界を知っている中で世界で活躍するという目的の基、動いています!世界では普通のことですが、日本ではパイオニアとして今後も引き続き取り組んでいきたいと思います(^^)
では、こいつらと会うのは1ヶ月後かな?笑
お互い新鮮な中で再びキラキラギラギラしながらやってこー(o^^o)
スポンサーサイト

Comment

Add your comment