【サッカー進路をどう決めればいいか。育成年代の選手にとって一番いい環境とは!?vol.1】  

【育成年代にとって良いサッカー環境とは】

 

4つの環境面

 

まず、育成サッカーを取り巻く環境には大きく4つで構成されていると思います。

 

ハード面(グラウンドなど)

 

指導者の質

 

選手同士の相互関係

 

保護者の関わり方の質

 

この中で、1番大切な環境はどれだと思いますか???

ないと絶対に選手が伸びないものです!!

答えは、②番の指導者の質です!

ここがしっかりしていないと他がいくら揃っていようと何もないのです。

 

例えば

①のハード面

 

人工芝でナイターがついてるグラウンドがある。これはこれで素晴らしく魅力的である。

反対に土でナイターが暗くて何やここと。

 

しかしながら、指導者の腕次第で選手は間違いなく左右されますので、あそこは人工芝やから、とチームを判断してはえらい結果になります!!

 

2つ揃えばいいですが、残念ながら日本にはほぼないですね。

 

僕は4つの一番初めにハード面を持ってきてますが、なぜならこの4つの環境の中で一番、伸びる環境においてはランクが低いからです。でも、だいたいの人は見える部分でしか判断できなくこういったところで判断してしまう人がほとんどだからです。非常に選手にとっては有難迷惑になるし、本来会えるはずの人に出会う機会を失っている。と思うからです。

 

 

 

③の選手の相互関係

 

これはこれですごく大切なこと。サッカーでは試合に出ないと上手くなることはありません

また、選手のお互いのレベルであったりそのことに関連した相乗効果が大切になる。ようは合ったレベルでサッカーを行うことがとても大切=自分が一番伸びる環境につながります!

 

 

『本人に見合ったレベル=少し頑張ればポジション取れる、気を抜けばポジションがなくなる』の中でお互いが自分のために、チームのために高め合える、意識レベルが重要。(これは海外組のトップ選手でも同じ)

 

 

よくあるのが、変なプライドを持って高望みしてクラブを選ぶことやコネを使ってなんとかJクラブや強豪チームに入ろう、いれよう、とすることがとても多くあります。それをあっ旋する団体(スクール実績になるので)もいます。厳しくはっきり言えば、金としか見てないですよ。向こうは。必要ならスカウトくるって。

 

 

本当に思いがあるならことわりますよ。いれようとする方も、受け入れる方も。

 

 

また、強豪チームといってもJクラブから看板借りてるだけの表むけ二次団体を装った実質何もつながりのないチームもいくつもありますし、先ほども言ったようにあたかもJクラブとつながっているような言い回しであっ旋しているスクールも有ります!

 

 

ハード面の強みを生かして見せ方だけで人数を揃えその中の精鋭だけで結果を残すチームも有ります。確かに目の前の結果は出てるけどね。先はないですよね。

サッカーで言えば、先はないですよね!!勝利はできるが育成が成されないパターン。

 

各チームには経営もあるのであり方はいろいろですが、まず選ぶ方がどのような環境があるのかを知った方がいい。

 

 

 

大切なのは、自分がそこに行って伸びる環境かどうか。

 

 

 

で、その中で3年間でレギュラーとるという精神やチャレンジ自体は素晴らしいことだが、何を求めるかですがサッカーが伸びることは残念ながらありません。何らかの心の成長はあるでしょう。何回も言いますが、サッカーが伸びることはありません。

今、自分より力の劣る子が見合ったレベルで、質の高い指導者がつき、3年間試合に出続けた方が上手くなりますし、生き残ります。またこの中の方が心も強くなります!!

 

こういうことからもわかるようにうちのFC ejeでもそうですが、なぜ、Jクラブは少数しかとらないのか、海外のクラブも同じです。よく考えてみてください。

 

 

ただ、これらも指導者の力ではなくて、選手の相互作用による効果です。ようはプラスαの部分です!!

 

これだけでは、指導者はまだ何も行っていません。ただこの指導者が一番重要なのです!!これについては、vol.2で書きたいと思います!!

 

保護者の関わり方の質についてもまた書いていきます!!

 

 

 

 

「サッカー環境」や「指導者の質」に関連した記事を載せておきますので、こちらも目を通しておくと理解しやすいかと思います!!

 

では!!

 

2種類のサッカー環境。「教育の中のサッカー」「競技としてのサッカー」

【欧州と日本のサッカー育成の違い】↓↓

http://ameblo.jp/futbolloco/entry-12245946170.html

 

 

 

関連記事

Comment

Add your comment