【 KUMAクリニック in KYOTO(京都葵フットボールクラブ)vol.6】  

4月15日:京都葵フットボールクラブにおいて第6回目となる月1回のKUMAクリニックを行いました✨

今回のクリニックでは、新しいプレーモデルを作り、その為に必要なある状況での個人のアクション、グループでのアクションをトレーニング(^^)
 中学生は2週間後にはクラブユースも控えてるので、いつも以上に高いモチベーションの中でトレーニングができました✨


様々なプレーモデルや、アクションを取得することは、とても大切なことであらゆる状況に対する解決策を多く持てることになります。(戦術メモリー)
これらの量とともに、正確に早く使える選手がいい選手であります!その代表的なのがイニエスタが分かりやすいですかね✨
その解決策とは、個人の技術アクション、戦術アクション、グループでの技術アクション、戦術アクション、それが合わさりチームとなってサッカーになります!
また、サッカー指導者の仕事はあらゆる状況でこの多種多様な解決策を身につけさせることが大きな仕事の一つです!

中学生はクラブユースまであと少し!
積み上げてこ✨
関連記事

Comment

Add your comment